家賃滞納対策サービスのメリット

(1)空室率DOWN

法律の専門家である司法書士が代理することで、滞納から明渡までの期間を短縮し、空室率を下げることができます。

(2)コンプライアンス

契約解除までの手順を誤ったために、明渡を請求できないこともあります。法律の専門家である司法書士が管理することで、コンプライアンスもご安心いただけます。

(3)コスト削減

普段営業で忙しい中、細やかな事務の負担が減るとともに、人件費を変動費化することで会社の財務状況に対応した費用負担を実現できます。

家賃滞納者明渡サービス・料金

示談交渉

滞納が続く賃借人に対して、期間を定めて支払いを催促します。支払いに応じない場合、契約を解除し、期限内に部屋を退去するよう求めます。 交渉は内容証明郵便を利用して行います。法律家名義の書面で、期限内に返済しない場合には法的手段をとることを警告して、自発的な退去を促します。退去しなかった場合には証拠として明渡訴訟で活用します。

明渡訴訟

示談交渉に応じない場合や賃借人の居所がつかめない場合など、示談では先に進まない状況に、訴訟を提起します。 早期解決をはかるため、訴訟の手続において、原則として、賃借人が自発的な退去で和解するよう進めます。和解に応じない場合は判決を勝ち取るよう進めます。

強制執行

訴訟を通じても賃借人が退去しない場合、強制執行を裁判所に申し立てます。裁判所の執行官と打合せしたり、現地に立ち会ったりして、執行官が賃借人の荷物を運び出し、鍵を替える手続をサポートします。


【料金】

内容 訴額140万円以下
(司法書士案件)
訴額140万円以上
(弁護士案件)
督促通知 5,400円/1通
示談交渉 129,600円 129,600円
民事訴訟 +54,000円 +108,000円
強制執行 +108,000円 +108,000円

<< このページのTOPに戻る


家賃入金管理サービス・料金

家賃入金確認

毎月の入金確認を代行いたします。

会計・記帳

入金内容を仕分け・記帳いたします。

家賃入金確認

滞納者に対して督促いたします。これにより滞納を未然に防ぐことができます。


【料金】

内容 料金
家賃入金確認 5,400円
会計記帳 3,240円
督促(書面) 1,080円/1通

<< このページのTOPに戻る